上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
上昇トレンドのとき、買いのポジションを持つ。
下降トレンドのとき、売りのポジションを持つ。

ポジションを持つまでは、買い、売り、見送りの選択肢がある。

ポジションを持つと、選択肢が限られてしまう。

買いポジションを持っている人は、売ることしかできない。
売りポジションを持っている人は、買うことしかできない。

ポジションを持つとできる行動は、1つになる。

応援クリックをお願いします。

為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
今日は、トレード戦略構築MCの第8回配信分『ダウ理論・MA補足』、第9回配信分『チャートパターン』の動画を見ました。
7月、8月は、IFDONE、OCOでトレードを行ったのですが、逆行→損切りが多くあったためです。

それは、環境認識ができていないことに原因があると思っています。

環境認識ができれば、ダウ理論からトレンドの押し、戻しなどトレンドの方向に沿ってトレードを行っていくことができるように思います。

応援クリックをお願いします。

為替・FX ブログランキングへ
昨日は、ローソク足について、少し勉強した。

ローソク足が、4本値をあらわしていること、ローソク足の組み合わせで、
つつみ、はらみなど、呼ばれるものがあるが、名前は、知っているが、
形は、ちゃんと覚えていない状態でした。

本にも書かれているけれど、しっかりと読まずに流してしまっていたこと、

ローソク足が示す価格の軌跡です。
(そのように見ている人にとっては、あたりまえのことだと思います)

実体とヒゲという形でしか見ていなかったのですが、価格の動きとして見る
ことが大切だと(教えてもらって)気づきました。

価格の動きとして見て、トレードに活かしていこう。

7月14日~19日までのトレード結果:-0.68 pips
ロット数を上げたトレードもあったので利益はプラスでした。

7月の成績:-239.19pips
1月~7月19日までの成績:-140.64pips

スキャルのトレード結果(勝ちトレード)
AUDJPY M5  入るポイント早い?
[AUDJPYM5]_2014-7-20_5-37-35_No-00

GBPJPY M5 入るポイント遅い?
[GBPJPYM5]_2014-7-20_5-41-15_No-00


共感いただけた方は、応援クリックをお願いします。

為替・FX ブログランキングへ
最近の土日は、1日ずっと、環境認識とFXの勉強をしています。

今日は、トレード戦略構築マスタークラスの動画(トレードプラン、フィボナッチ、ケーススタディー(環境認識)を見たり、兄貴さんのブログの過去記事(3ヶ月分)を読んで、チャートの形や解説を紙に書き写したりしていました。

昨年暮れから、今までの傾向として、大きく利益がとれたり、大きく損をしたりを繰り返していて、
環境認識が大切だと感じました。(損切りもできなくなっていたので、これは、修正していきます)

いいのか悪いのかは、よくわかりませんが、相場の方向と合っていれば、利益がだせる。
損失がでてもこれくらいならまた、取り戻せるという感覚になっています。

スキャルは、サラリーマンでは難しいという言葉を聞き、
指値・逆指値を入れて、エントリーし、利確、損切りポイントを設定しておく、
そのようなトレードが良いのかと思っています。
(スマホも持っていないので、会社から帰るまでチャートが見れないので、
どうしようもない状態です)

認識が違っていると損切りとなるので、環境認識力を身につけていかないとと思っています。

共感いただけた方は、応援クリックをお願いします。

為替・FX ブログランキングへ
Mスキャ購入しました。只今、勉強中です。

先日の@京阪神での勉強会で、院長が『エントリータイミングで悩んでいるのなら購入を考えてみては?』と言われていたり、Mスキャの紹介ページで転換の場面でのロジックであることが紹介されていたり、@京阪神の皆さんの評判もよく、これはと思い購入を決断しました。

転換をどのように捉えるのかは、ずっと悩んでいたところだったので、頭の中が整理できました。
勉強を進めるの中で、チャートの見方が変わるきっかけもありました。

教材の中で転換場面の解説があるのですが、その箇所を見ていて、ふと、頭に浮かんだのは、5W1Hでした。

ウキペディアより、、、
***************************************
ニュース記事の最初の段落はリードと呼ばれる。ニューススタイルの規則では、リードには以下の「5W」の多くを含むべきとされている。すなわち、
Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)したのか。
である。しかし日本においては、「5W」にさらに下記の「1H」を含む「5W1H」であるべきであるとされる。
How(どのように)
日本では、教育現場で国語や英語の文法の指導に使われることもある。
***************************************

これ、トレードでも大切なことだなぁと思いました。
特に『Why』が大切だなぁと思いました。

環境認識ができていないと説明できないから。。。

また、Mスキャには、購入者が参加できるSNSもあり、みなさんが積極的に自分のトレードを投稿しています。

それを見ていていたり、FXされている方のブログを見ていたりして、思い浮かんだのは、みつしろさんのブログの記事です。(動画で解説されています)

【トレード手法なんかどうでもいい】FXで勝ち続ける人と負け続ける人の決定的な違い

手法は、もう決まっているので、Whyの部分をしっかり勉強していこう。

共感できると思って頂けた方は、応援クリックお願いします。

FXトレード日記 ブログランキングへ

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。